出産後3分間へその緒をつけたままにしておくと、赤ちゃんが健康になると判明:研究結果

Text by

  • 37
Shutterstock

Shutterstock

生まれたての赤ちゃんのへその緒を切るタイミングが、子どものその後の健康に影響を与えることが明らかになった。

通常へその緒は、お母さんのお腹から生まれてすぐに切断される。ところが新たな研究により、赤ちゃんが外の世界に出てきてから3分間へその緒をつけたままにしておくと、血中の鉄分値が良好になり、赤ちゃんが健康的になることが判明。3分という時間の間に、へその緒の中に残っていた血液が赤ん坊の体内に移動するからだという。

研究では、3911人の女性から生まれた赤ちゃんのへその緒を出産から3分後にカットし、その後の経過を観察。その結果、へその緒の切断を遅らせても母体の出血や失血、ヘモグロビン値などに違いはなく、むしろ赤ちゃんの方は、出生後1~2日間の間ヘモグロビン値が通常より高く、生後3~6ヶ月間は鉄欠乏症になる危険性が低いことがわかったとか。また、出生時の体重も、へその緒の切断を遅らせた時の方が重かったという。

同研究を受け英国国立医療技術評価機構(NICE)は、出産後1分~3分間はへその緒をつながったままにしておくことを推奨する新たなガイドラインを、来年発行するとしている。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking