ケンタッキー、若者をターゲットにした高級路線の店舗を来月アメリカでオープン

Text by

  • 0
flickr_Marufish

flickr_Marufish

不健康食の代名詞でもあるケンタッキーフライドチキン(KFC)が、若者や女性をターゲットにした1クラス上のファストフード店『KFC eleven』を来月からアメリカで試験展開する。

KFCの本店があるケンタッキー州ルイビルに1店舗目がオープンする『KFC eleven』。従来のKFCとは違い、野菜をふんだんに使ったヘルシーなメニューが売りで、フレッシュサラダやフラットブレッドサンドイッチ、ボーンレスチキン、スムージーなどが提供されるそう。KFCのJohn Cywinski氏によれば、『KFC eleven』にはカーネル・サンダースの姿はどこにもなく、代表メニューである骨付きのオリジナルチキンも、「今時の若者はギトギトの骨を触りたがらない」という理由で存在しないとか。ちなみに店名の「eleven」は、オリジナルチキンに使うハーブとスパイスが11種類というところから来ているそうだ。

健康志向が高まり、ここ数年客離れに悩まされてきたKFC。新スタイルで臨む『KFC eleven』の記念すべき1号店は8月5日にオープン予定で、2店舗目の開業もすでに決まっているほか、年内に数店舗が展開する予定だそう。「生き残りのためではなく、“成長の一環”なんだ」というCywinski氏の言葉通り、『KFC eleven』が、カラダにいい食べ物を好む次世代の若者のハートを掴めるかに注目だ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking