歯を磨くだけで虫歯が治る!?英大学が小さなガラス玉入りの歯磨き粉を開発

Text by

  • 16
Shutterstock

Shutterstock

歯ブラシにつけて歯を磨くだけで虫歯を治し、知覚過敏を緩和してくれる魔法のような歯磨き粉が開発された。

ロンドン大学クイーン・メアリーの科学者と歯科医らにより開発されたこの歯磨き粉。秘密は、歯磨き粉に混入している髪の毛の太さほどの小さなガラス玉にあり、これに歯のエナメル質の重要な成分であるカルシウムとリン酸塩が含まれているそう。そのため、小さな虫歯であれば、歯を磨くことでこのガラス玉がダメージを受けたエナメル質に浸透し、修復してくれるのだという。

市場にはすでにこういったガラス玉入りの歯磨き粉が出回ってるが、新たに開発された歯磨き粉は従来のものよりも粒子の分解が8倍も速く、エナメル質がつくられるのにかかる時間も短時間で済むとか。実験では、3時間以内に歯の表面に新たなエナメル質がつくられ、8時間以内に全ての粒子が完全に分解されたそうだ。

ちなみにこの“ガラス玉”はバイオグラスと呼ばれる生物分解性のタイプで、歯磨き粉の中に含まれているときはカルシウムやリン酸塩を保持することが可能だが、一度水(唾液)に触れるとその成分を放出する仕組みだという。

同ガラス玉の技術は、Worshipful Company of Armourers and Brasiersで2万5000ポンドの賞金を手にしており、2年以内の商品化を目指しているとのことだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking