昇給したければ上司の家族構成を把握すべし!!娘がいる男性は気前がいいと判明

2013年07月23日 17時30分

2013年07月23日 17時30分

flickr_DAHstra
flickr_DAHstra

突然だが、あなたの上司にはお子さんがいるだろうか?一見仕事には全く関係なさそうな個人情報だが、自分の評価を決める上司に子どもがいるかどうかは、給料に影響をもたらす可能性があることが新たな調査により明らかになった。

デンマークのオールボー大学と、米メリーランド大学、コロンビア・ビジネス・スクールの研究チームがおこなった調査によると、娘がいる男性は、太っ腹な傾向があることがわかったそう。同調査では、なぜ同じ大富豪でもチャリティなどに高額を寄付する人もいればそうでない人もいるのかについて検証。デンマークの企業でCEOを務める1万人の男性を対象に、過去10年間に渡り彼らがどのように部下たちに給料を支払ってきたかを調べた。

その結果、CEO自身に子どもができると、平均で約1万円社員の報酬が減ることが明らかに。これは、企業の資産を自分のものとみなしがちな男性のCEOに多く見られる傾向で、子どもが生まれたことによりかかる費用を無意識のうちに社員の給料でまかなおうとするためだとか。

しかし、子どもの性別まで細かく比較してみると、減俸しているのは息子が生まれたときのみで、娘がいるCEOのは気前がよく、社員の面倒見もよくなることが判明。研究員らによれば、娘の髪の毛をとかしたり、お人形さんで一緒に遊んであげたりしていくうちに、気持ちが優しくなるためだと考えられるという。

過去の調査でも、姉妹のいる男性は利他的で博愛主義者が多いことがわかっている。仕事を選ぶときは、上司や重役の家族構成なんかも考慮してみるといいかもしれない。

注目の記事