カフェイン&アルコール中毒にはたまらない!コーヒーからできたお酒が登場

Text by

  • 1
Shutterstock

Shutterstock

カフェイン中毒&アルコール中毒の人が垂涎しそうな飲み物が誕生した。なんと科学者らの手により、コーヒーからお酒が開発されたのだ。カルーアなんかよりもずっと本格的な、正真正銘のアルコールだ。

『SCG Spirit(spirit from spent coffee groundの略)』と呼ばれるこのお酒。コーヒー豆をひいた粉を一旦乾かし、その後お湯を足して沸騰させ、砂糖や酵母細胞などを足してつくっており、味も香りもコーヒーそのものだが、飲めば確実に酔っ払える(アルコール度数はなんと40度!)とか。そう、コーヒー好きも酒好きも満足できる、まさに一石二鳥の飲み物なのだ!!

これなら、コーヒーを飲んでいるフリをして、朝から堂々とアルコールに浸れちゃうかも!?

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking