【動画】1960年代のケンタッキーのCMがホラー映画並みに恐ろしい件

Text by

  • 8
YouTube/KFCVideos1

YouTube/KFCVideos1

ケンタッキーフライドチキン(KFC)の創業者として知られるカーネル・サンダース。優しそうな笑みが印象的なカーネルおじさんだが、実は人をいたぶるのが大好きなドS野郎という一面をもっていたのをご存知だろうか。

カーネルおじさんの意外な素顔が発覚したのは、1967年にアメリカで放送されたKFCのCMにて。同CMには、当時77歳だったカーネル自身が出演しており、薄暗い部屋に集まった主婦たちに「フライドチキンの極秘レシピを教えろ!」と迫られ、嘘発見器にかけられる様子が描かれている。

鬼の形相で押し迫る主婦たちに負け、ついにレシピを明かしてしまいそうになるものの、「卵に牛乳に小麦粉にセイボリー、そして4オンスの…じいちゃんのコートだ!!ワーハッハッハッハッ!!」と期待をまんまと裏切るカーネル。悔しそうな主婦たちを尻目に、「最後に靴紐を3本とタイヤのホイールキャップを1つ加えるんだ!」と大法螺を吹き高笑いする様はなんとも意地が悪い。

結局は「フライドチキンのレシピは誰にも教えない」という趣旨のCMだったわけなのだが、なんだかこれからはカーネルおじさんの見方が変わってしまいそうだ…。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=W_bNHcwih8k[/youtube]

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking