【フェイスブック】1日の利用時間が長い人ほど人生の満足度が低く不幸せだと判明

Text by

  • 33
123RF

123RF

全世界で10億人を超えるユーザーが利用しているフェイスブック。ちょっとした休憩時間や通勤通学時の暇つぶしとして、頻繁に友だちのタイムラインをチェックしているという人も多いだろう。そんな大人気のフェイスブックだが、あまりハマりすぎると知らず知らずのうちにどんどん不幸になってしまうことが、新たな調査によって明らかになった。

米ミシガン大学の研究者らが、フェイスブックのアカウントをもつ82人の若者を対象におこなった同調査。実験では、被験者の日々のフェイスブックの利用習慣を2週間にわたりモニタリングすると共に、1日5回のオンラインアンケートを実施した。すると、フェイスブックの利用頻度が高い人ほど人生の満足度が低く、オンラインではなく実際に友だちや家族などとフェイス・トゥ・フェイスのコミュニケーションをとっている人の方が日々幸せに暮らしていることがわかったという。

調査をおこなった同大学のイーサン・クロス氏らは、「フェイスブックは一見、“たくさんの人と繋がりたい”という人間なら誰しもがもっている欲求を叶えてくれる貴重な資源のように思えるが、実はその逆で、使えば使うほど心が傷ついていくようだ」とし、今後もソーシャル・ネットワークが人々の精神に与える影響について研究を続けたいと語っている。

同調査結果は、学術誌Public Library of Science ONEに掲載されている。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking