1日3杯の紅茶で虫歯知らずに!?:英調査結果

Text by

  • 18
123RF

123RF

紅茶はコーヒーは、歯の色素沈着にもつながるので敬遠している女子も多いのでは。しかし、日常的に紅茶を飲むことで、虫歯知らずの健康な歯を手に入れることができるとの調査結果が発表された。

英栄養財団(British Nutrition Foundation)の会報誌に掲載されたCarrie Ruxton医師の調査によると、紅茶は、虫歯や歯茎の病気と関係のあるミュータンス菌と乳酸桿菌を退治する作用があるそう。

虫歯は、口の中の細菌が炭水化物(糖)に反応して酸をつくり、それが歯のエナメル質を溶かしてダメージを与えるため発生する。紅茶に含まれるフラボノイドやカテキン、タンニンなどの抗酸化物質は、そういった炎症を緩和し、細菌の付着や成長を予防する作用があり、虫歯の連鎖反応を防いでくれると考えられるという。しかもこの作用は、例え紅茶に砂糖を加えたとしても変わらないとか。ちなみに、紅茶だけでなく緑茶にも同じような働きがあるそうだ。

Ruxton医師によれば、歯を虫歯菌から守るのに必要な紅茶の量は1日3杯以上。食後のティータイムや3時のおやつのお供に取り入れて、虫歯予防に役立ててはいかがだろう?

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking