身近な存在なのに意外と知らないカフェインに関する9の事実

Text by

  • 1
Shutterstock

Shutterstock

コーヒーや紅茶、エナジードリンクなどで普段何気なく口にしているカフェイン。眠気を覚ます作用についてはおなじみだが、それ以外のコトって意外と知らないのでは。そこで今日は、身近な存在のカフェインの知られざる事実についてお伝えしよう。

1. 「デカフェ」と「カフェイン・フリー」は別物

「今日はあまり夜更かしをしたくないからデカフェにしておこう」なんて体に気を遣ったつもりでも、実は何の意味もないらしい。Journal of Analytical Toxicologyの調査によると、デカフェとされているコーヒーの成分を調べたところ、なんと10種類中9つのコーヒーからカフェインが検出されたとか。その含有量は8.6~13.9mgで、確かに通常のコーヒー(95~200mg程度)よりは少ないがゼロではない。つまり、デカフェだからといって何杯も飲んでしまうと、結局普通のコーヒーを飲んでいるのと同じだけのカフェインを摂取してしまうということだ。特に、病気などでカフェインを減らすよう指示されている人は、デカフェの罠に気をつける必要がある。

2. カフェインが効き始めるのは30~60分後

American Academy of Sleep Medicineによると、カフェインを体内に摂取してからその効果がピークに達するまでには、30~60分ほどかかるそう。一般的に人間の体は、摂取したカフェインの半分の量を5時間で除去するといい、体から完全にカフェインが排出されるまでには8~14時間かかるとか。特に普段からカフェインを摂らないような人はより効果を感じやすいとのことで、睡眠の専門家は、グッスリ眠りたいのであれば、カフェインは少なくとも就寝時間の8時間前までに済ませておくようにとしている。

3. カフェインの効き方には個人差がある

体がどうカフェインを処理するのかは、性別や人種、さらには避妊薬の利用などによっても変わってくるとか。ニューヨーク・マガジンによれば、女性は男性よりもカフェインの代謝が早いほか、喫煙者は非喫煙者の2倍の速さでカフェインを処理するそう。また、我々アジア人は他の人種よりもカフェインの代謝が遅いこともわかっているという。

4. エナジードリンクのカフェイン含有量はコーヒーよりも少ない

エナジードリンクには、尋常じゃない量のカフェインが含まれているなんて思っている人も多いのでは。ところが実際は、そうでもない。例えば、250mlのレッドブルに含まれるカフェインの量はだいたい76~80mgほどで、一般的なカップ1杯のブラックコーヒー(95~200mg)よりも断然少ない。その一方で、市販されているほとんどのエナジードリンクには砂糖が大量に含まれているほか、聞いたこともないような成分も混入しているので、単にカフェインを注入したいのならば、エナジードリンクよりもコーヒーの方がオススメ。

5. 深煎りコーヒーは、浅煎りよりもカフェインが少ない

強くてリッチなフレーバーの深煎りコーヒーは、カフェインも多く含まれているような気がしてしまう。しかし、本当のところは、煎る過程でカフェインが焼けつきてしまうため、浅煎りの方がカフェインの量は多いそう。

6. カフェインは、60種類以上の植物に含まれている

カフェインを含んでいるのは、コーヒー豆だけではない。茶葉やコーラナッツ、カカオ豆などのほか、自然界に存在する葉や種、果物などさまざまな種類の植物に含まれている。また、人工的にカフェインをつくり出すことも可能だ。

7. コーヒーにより含まれるカフェインの量は異なる

すべてのコーヒーが平等につくられているわけではない。Center for Science in the Public Interestがアメリカで人気のコーヒーブランドのカフェイン含有量を調査したところ、マクドナルドのコーヒーには1オンスにつき9.1mgだったが、スターバックスのものにはその約2倍となる20.6mgのカフェインが入っていたという。 

8. 世界で最もカフェインの消費量が多い国はフィンランド

BBCの記事によれば、世界で一番カフェインの消費量が多いのはフィンランドで、同国の平均的な成人は1日400mgのカフェインを摂取しているとか。また、米国食品医薬品局によると、世界中の人口の約90%が毎日何かしらの方法でカフェインを摂っているという。

9. カフェインは飲み物だけでなく食べ物にも含まれている

米国食品医薬品局のレポートによると、我々が摂取しているカフェインの98%以上は飲み物によるものだそう。しかし、カフェインは固形の食べ物にも含まれており、例えばチョコレートや薬なんかにも入っている。また、クリーブランド・クリニックの調査では、鎮痛剤とカフェインを併せて摂取すると、40%効果が上がることがわかっており、これは、カフェインにより薬の体内への吸収が早まるためだと考えられるという。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking