大企業のCEOを最も多く輩出している大学ランキング 東大がハーバードに次いで第2位

Text by

  • 0
Shutterstock

Shutterstock

英Times Higher Education誌が、フォーチュン・グローバル500に選出された企業のCEOを最も多く輩出している世界の大学ランキングを発表。日本の東京大学が2位にランクインした。

毎年恒例で『世界大学ランキング』を発表しているTimes Higher Education誌。今回のランキングでは、世界で活躍する大企業のCEOが卒業または学位を取得するなどした“母校”を調査し、人数別にランク付け。その結果、1位は、ヒューレット・パッカードのメグ・ホイットマンやゼネラル・エレクトリックのジェフリー・イメルト、ボーダフォンのビットリオ・コラオを含む20人のCEOを輩出したアメリカの超名門校ハーバード大学で、2位に日本の東京大学が輝いた。東京大学からは13人のCEOが誕生している。また、9位にはこちらも日本から慶應義塾大学(8人)がランクインした。

1~10位までは以下の通り。
1位 ハーバード大学(アメリカ)
2位 東京大学(日本)
3位 スタンフォード大学(アメリカ)
4位 エコール・ポリテクニーク(フランス)
5位 HEC Paris(フランス)
6位 フランス国立行政学院(フランス)
7位 ペンシルバニア大学(アメリカ)
8位 マサチューセッツ工科大学(アメリカ)
9位 慶応義塾大学(日本)
10位 ソウル大学校(韓国)

トップ100はほぼアメリカの大学が占めており、日本からは上記2校以外にも京都大学(18位)、早稲田大学(20位)、中央大学(27位)、一橋大学(43位)、東京工業大学(52位)、大阪大学(74位)、法政大学(100位)が入っている。

なお、フォーチュン・グローバル500に選出されている日本の企業は62社となっている。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking