死ぬまでに1度は飲んでみたい!?世界の変わり種ビール8選

2013年09月11日 18時00分

2013年09月11日 18時00分

Shutterstock
Shutterstock

ビールに関しては、お気に入りのブランドがあってそればかり飲んでいるという人もいるだろう。しかし、たまには気分転換に新しい味にチャレンジすることも必要だ。そこで今日は、ビール好きなら死ぬまでに1度くらいは挑戦してみたい(!?)世界の変わり種ビール8種類をご紹介しよう。※全て海外のお店での販売となります。

1. アボカド・エール(Angel City Brewery)

“アボカド・フェスティバル”たるアボカドのお祭りのためにつくられたというこのビール。アボカドだけでなく、メキシコ料理などによく使われるパクチーも入っているらしい。ちなみにAngel City Breweryは、過去に肉汁やピクルス風味のビールもつくったことがあるそう。

2. オイスター・スタウト(21st Amendment Brewery)

カキ専門店Hog Island Oysterのカキの殻で醸造したというこのビールは、なめらかでしょっぱい後味が特徴だとか。

3. ココナッツカレー・ヘーフェヴァイツェン(New Belgium Brewing)

ココナッツ、カイエン、シナモン、コリアンダー、コロハ種子、ショウガなどからできたビール。ふんわりとバナナの香りもするとか。飲むとさらにカレーが食べたくなる味だそうだ。

4. スピルリナ・ウィット・ビール(Free Tail Brewing Co.)

見た目の通り緑のビール。スピルリナは単細胞微細藻類で、栄養価が高いことで知られている。ただし、このビールが健康に良いかは不明。

5. ケルピー・シーウィード・エール(Williams Bros Bews)

スコットランドの沿岸部で醸造されていた伝統的なビールの味を再現したのがこのビール。海藻を、麦芽と大麦と一緒に潰してつくられている。

6. ロッキーマウンテン・オイスター・スタウト(Wynkoop Brewing Company)

またオイスター?と思ったアナタ。こちらはオイスターといってもカキではなく、なななんと牛の睾丸からできたビールらしい。もはや罰ゲームの域かも…。

7. ベーコン・メープル・エール(Rogue Ales)

オレゴン州ポートランドの人気ドーナツ店ブードゥー・トーナツとのコラボレーションでつくられたこのビールは、その名の通りベーコンとメープルシロップでできている。

8. ピザ・ビール(Mamma Mia! Pizza Beer)

バジル、オレガノ、トマト、ニンニク、そしてもちろんピザクラストも入っている。これを飲めばピザを食べる必要はなくなる!?

あなたが一番試してみたいビールはどれ?

注目の記事