【世界の睡眠事情調査】日本人は世界的に見ても睡眠時間が短く、不潔なベッドで寝ていると判明

Text by

  • 1
Shutterstock

Shutterstock

睡眠習慣は人それぞれ。寝るときの服装1つとっても、パジャマ派かスウェット派かはたまた素っ裸派か…と好みは分れるだろう。そこで米国立睡眠財団(National Sleep Foundation)が、アメリカ、カナダ、メキシコ、イギリス、ドイツ、日本の6カ国を対象に、睡眠や行動、習慣などベッドタイムのルーティーンに関する調査を実施した。

それぞれの国に住む25~55歳の男女1500人にアンケートをおこなった同調査。それによると、6カ国の中で最も平均睡眠時間が短いのは日本で、1日6時間22分しか眠れていないことが明らかに。日本の次に睡眠時間が短いのはアメリカで6時間31分、次いでイギリス(6時間49分)、ドイツ(7時間1分)、カナダ(7時間3分)、メキシコ(7時間6分)という結果だった。ちなみに、平日の夜に7時間以上眠れているという日本人は、全体の約3分の1程度しかいないらしい。

また同調査では、各国の寝室の衛生に対する意識の違いも判明。欧米人に比べたら清潔なイメージがある日本人(そう思っているのは日本人だけ?)だが、「毎日(またはほぼ毎日)ベッドを整えるか?」「1週間に1度(もしくはそれ以上)シーツを取り替えるか?」の項目では、その他の国と比べて「YES」と答えた人が断トツで少なく、不潔なベッドで寝ていることがわかった。なお、睡眠習慣が最も清潔なのはメキシコ人で、朝起きた後ベッドを整えてから出かけるという人は82%(日本人は44%)、週に1度シーツを替える人は81%(日本人は40%)にも上った。

6カ国の中で1番汚いベッドで寝ている日本人の睡眠時間が最も少なく、1番キレイなメキシコ人の睡眠時間が最も長いということは、我々日本人はまず寝室の衛生環境を見直す必要があるかも?また余談だが、これらの国々の中で最も素っ裸で寝ている人の割合が多いのはイギリス人で、最もよく昼寝をするのは日本人とアメリカ人とのことだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking