男性は46歳、女性は59歳で外見に気を遣うのをやめる!?:調査結果

2013年09月19日 16時00分

2013年09月19日 16時00分

Shutterstock
Shutterstock

両親や近所のオジサン・オバサンを見ていると、年をとると若い頃よりも外見に気を遣わなくなり、とんでもない髪型や服装で外に出ても何にも感じなくなるものなんだと実感する。「自分は絶対そうなるまい!」と思っていたって、いつかはきっと、外見なんかよりももっと優先すべきことができたりしてオシャレを放棄する日が来るのだろう。では一体、いくつになると見た目を気にしなくなるのか。新たな調査によりその平均的な年齢が明らかになった。

英パーソナル・ヘルスケア・サービスのBenenden Healthが2000人の男女を対象におこなった同調査。それによると、ズバリ男性は46歳でカッコよくいることを諦め、女性はそれから13年後の59歳のときに美意識というものを捨て去ることが明らかに。また、既婚者には残念だが、この年齢は結婚が絡むと急激に若年化し、ほとんどの人が結婚から約2年2ヶ月経過したときに「どーでもいい」となってしまうとか。ちなみに既婚者の3人に2人は「結婚したら見た目を気にしなくなるのは普通」と考えているらしい。

なぜ男性の方が女性よりも13年も早くオシャレを諦めてしまうのかはわからないが、調査をおこなったBenenden Healthのスポークスパーソンいわく、「流行に乗ることよりも、リラックスして過ごしたいという欲望が勝ってしまうのだろう」とのこと。あなたが外見を気にしなくなる(なった)のはいくつのときだろうか。

注目の記事