ダイエットをすると頭が悪くなる!?カロリー計算や我慢のしすぎは脳に悪影響を与えるとハーバード大教授

Text by

  • 0
Shutterstock

Shutterstock

現代女性にありがちなことかもしれないが、年がら年中ダイエットのことばかり考えていると、頭が悪くなってしまうという。

同大学で経済学を教えるSendhil Mullainathan教授がニューヨークタイムズ紙に語ったところによると、カロリー計算に夢中になったり空腹を無理に我慢したりすると、次第に脳の働きが鈍くなることがわかったそう。脳が活発に働かなくなると、論理的推論や問題解決、新たな情報を学習することができなくなり、“バカ”になってしまうのだという。

同教授によれば、こういった現象はこれまでの調査でも確認されており、2005年にJournal of Eating Disordersに掲載された研究では、ダイエット中の被験者とダイエットをしていない被験者にチョコレートを食べてもらい、その後あるタスクをこなしてもらったところ、ダイエット中の被験者は食べたばかりのチョコレートのカロリーばかりを考えていてタスクをこなす効率が著しく悪かったとの結果が出ている。また、アトキンスダイエットのようなシンプルなダイエットは続けられるが、ウェイトウォッチャーズのような複雑なものが長続きしないのも、脳の働きが鈍くなることに関係しているそうだ。

Mullainathan教授いわく、頭が悪くなる原因はダイエットだけでなく、お金や時間が不足することでも脳の“幅”が狭まりIQが低くなるキッカケとなるそう。せっかく痩せてもバカになったら意味がない。ダイエット中の方は脳が鈍らないよう、あまり自分の体重や食べるものなどに固執しすぎないように注意する必要がありそうだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking