夕食を減らして朝食をたっぷり食べると不妊が改善される!?:研究結果

Text by

  • 0
Shutterstock

Shutterstock

不妊に悩まされている女性はたくさんいると思うが、ボリュームたっぷりの朝食を食べると妊娠しやすくなるとの新たな研究結果が発表された。

イスラエルのヘブライ大学が、60人の女性を対象に12週間に渡りおこなった同研究。それによると、多嚢胞性卵巣症候群の女性は、1日に必要なカロリーの半分ほどを朝食時に摂ると不妊が解消される可能性があるとわかったそう。理由は、朝たっぷり食べることで、インスリンやテストステロンなど不妊症を引き起こす原因となるホルモンの分泌を調節できるためだと考えられるという。実験では、被験者の女性を朝食をたっぷり食べるグループと、夕食をたっぷり食べるグループに分けて血糖値とインスリン抵抗性を調べたところ、朝食の摂取量が多かったグループはこれらの数値が8%低下していたそう。また、“朝食グループ”の女性は、テストステロン値がそれまでの約半分に低下していたほか、排卵率も高まっている傾向があったという。

ちなみに今回の実験では、1日のカロリー摂取量1800kcalのうち、980kcalを朝食で摂るようにしていたそう。朝食を増やして夕食を減らすとダイエットにもなるとされている。多嚢胞性卵巣症候群を患う女性は、治療の1つとしてこの方法を試してみてはいかがだろうか。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking