元ファストフード店員が暴露する「自分では絶対に食べたくないメニュー」

Text by

  • 142
flickr_bee-side(s)

flickr_bee-side(s)

レストランや食料品店などでは、一度従業員として裏側を見てしまうと、2度とその店の料理を口にできなくなるなんて言う。そこで米ソーシャルニュースサイトのRedditが、ファストフード店で働いた経験のなるユーザーたちに「絶対食べたくないメニューとその理由」についての意見を募ったところ、誰もが1度は食べたことがあるおなじみのメニューの恐怖の裏事情が明らかになった。

■マクドナルド マックリブ

ソースを塗る前のポークパティは見ただけでゾッとする。肉には到底見えないし、まるで“かさぶた”みたい。(by lioninacoma)

■マクドナルド フィレオフィッシュ

値段に見合わない完全に詐欺なメニュー。チーズバーガーと同じバンにソースをちょびっと乗せて、四角い白身魚のフライを挟むだけ。チーズだって丸々1枚入っているわけじゃない。(by Mortaris)

■マクドナルド ビッグマック

パティのサイズは同じなのに、チーズの量はダブルチーズバーガーよりも少ない。それでいて値段は3倍ぐらい高い。(by iBuzzKill)

■ウェンディーズ チリ

チリの肉は、ハンバーガーとして客に出すには焼きすぎてしまったパティ。このボソボソのパティを冷蔵庫に入れておいて、チリをつくるときに刻んでチリの中に突っ込むだけ。衛生上は問題ないけど、ほとんどの人はこの工程を知って驚く。(by Cozmo23)

■ケンタッキーフライドチキン ポットパイ

店内はキレイで文句ないが、このメニューは82もの材料でつくられている。(by Qp1029384756)

 

以下は日本では未発売のメニューだが、国外で見かけたときは要注意。

■サブウェイの蟹メニュー

カニかまを大量のマヨネーズの中にぶちこんで混ぜている。これなら、マヨネーズサンドを頼むのと同じ。(by statisicalhornist)

■サブウェイの牛肉

準備段階がグロい。凍った牛肉を従業員が素手でバラバラに解体している。(by equestribitch)

■バーガーキングのフィッシュバーガー

バーガーキングでは、フライドポテトを揚げて茶色くなってしまった油をチキンを揚げるのに再利用し、さらに黒くなったギトギトの油で魚を揚げている。(by JohnnyDollar)

■アービーズのローストビーフ

アービーズのローストビーフは、1度生の状態で触ると2度と指からその臭いが消えなくなる。絶対に食べたくない。(by 45scienceandreason)

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking