ジャンクフード好きに朗報!ざくろを食べると不健康な食事による体へのダメージが帳消しになると判明

Text by

  • 15
flickr_sierragoddess

flickr_sierragoddess

ハンバーガーやポテトチップスなどのジャンクフードが大好き!という人に朗報だ。ざくろを食べると、こういった不健康な食生活による悪影響がチャラになることがわかった。

近年その健康効果に注目が集まっているざくろ。スペインのCatalan Institute for Cardiovascular Sciencesがおこなったリサーチによれば、あの小さな赤いつぶつぶの果物にはポリフェノールがたくさん含まれており、それが血管を広げてコレステロールによる心筋梗塞や脳卒中のリスクを下げてくれるのだとか。

実験では、人間と心血管系の機能が似ているブタに脂肪分たっぷりの食事を食べさせ、その後ざくろ成分を含んだサプリ(ポリフェノール200mg相当)を与えた。すると、このサプリを1日1粒飲ませたブタは不健康な食事による血管のダメージがほぼなく、ざくろが体への悪影響を帳消しにしてくれていることが判明したという。

過去の研究でも、ざくろジュースを飲むことで体内のストレスホルモンが減り、血圧が下がることが明らかになっている。体に悪いとわかっていても脂肪分たっぷりのジャンクフードがやめられないという人は、ぜひざくろを毎日の食生活に取り入れてみてはいかがだろうか。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking