【悲報】週末にどんなに寝溜めをしても睡眠不足による脳のダメージは修復できない:調査結果

Text by

  • 14
Shutterstock

Shutterstock

以前イロリオでは、週末に寝溜めすることで2型糖尿病が防げるとの調査結果をお伝えした。がしかし、糖尿病は予防できても、平日のうちに脳が受けたダメージは修復できないという。

平日は仕事などで忙しくて十分な睡眠がとれないから、週末にたっぷり寝溜めしてリフレッシュしているという人も多いだろう。ところがペンシルバニア州立大学医学部がおこなった調査によれば、たった数日でも睡眠不足が続くことで、日中の集中力に取り返しがつかないほどの影響を及ぼすことが明らかになった。

実験では、30人の被験者に平日の睡眠時間を削って週末にたっぷり眠ってもらい、それぞれの健康状態と日中のパフォーマンスレベルを分析した。その結果、週末の寝溜めにより日中の眠気や血液中の分子の炎症、ストレスなどは解消されたが、集中力の高さを測るテストの結果は全く改善されていないことがわかったという。

「週末の2日間では、平日のうちに受けたダメージを全快するのは不可能だ」と同調査を率いたAlexandros Vgontzas氏。医療関係者やバス、タクシーの運転手、旅客機のパイロットなど、高い集中力を要する職種の人は、週末の寝溜めに頼らずに日頃から充分な睡眠をとることをオススメする。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking