大人になってから“ワル”になるかどうかは、3歳のときに見分けられることが明らかに:米大学研究

Text by

  • 6
123RF

123RF

子どもは少しくらいわんぱくな方がイイなんて言う人もいるが、あまりにも手がかかる場合は、早めになんらかの対処をした方がいい。新たな研究により、その子どもが将来道を踏み外して不良や、さらには犯罪者になってしまうかどうかは、早ければ3歳のときの行動である程度見分けられることがわかったのだ。

アメリカのミシガン大学、デューク大学、ピッツバーグ大学などからなる研究グループによると、3歳前後で動物虐待や自己中心的な言動、冷酷さなどが垣間見れるような子どもは、生涯を通じて不品行になる危険性があるそう。こういった問題行動は、脳の扁桃体が働き過ぎる(遺伝や経験などが原因とされる)ことにより引き起こされるのだが、早い段階で親などが対応に取り組めば対処できることもある。しかし「わんぱくなだけ」「大きくなれば落ち着く」などと言ってほうっておくと、行動障害をもつ大人になりかねないのだとか。研究を率いた心理学者のルーク・ハイド氏いわく、子どもの頃の問題行動が大人になったときの行動障害につながる確率は10%で、特に男の子や低所得家庭の子どもに多いそうだ。

なおハイド氏によれば、親が子どもの行動を管理する術を学び、ポジティブな時間を共に過ごすことで、こういった危険性回避できるそう。また、体罰を避け、良い子とをしたときにしっかりと褒めることなども有効だという。

≪関連記事≫

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking