糖分たっぷりのソフトドリンクを飲み続けると、脳にダメージを与える可能性が明らかに:豪研究結果

Text by

  • 24
flickr_Mr. T in DC

flickr_Mr. T in DC

砂糖をたっぷり含んだ炭酸飲料などが肥満のもととなることはよく知られている。しかしこのほど、こういった飲み物が脳にもダメージを与えてしまうことが明らかになった。

豪マッコーリー大学のジェーン・フランクリン氏らがおこなった研究によると、糖分の多い甘い飲み物を長い期間摂取し続けると、多動性障害を引き起こしたり、脳内のたんぱく質レベルが変化する原因となる可能性がわかったそう。アルツハイマー病やがんなどでも、似たような脳内化学物質の変化が見られるとか。

実験では、水に砂糖を加えたものをマウスに1カ月間与えたところ、そのマウスが多動性障害になることが確認されたとか。また、脳の前頭皮質から採取した組織を分析した結果、意志決定を司る部位が生産するたんぱく質のうち20%(約300種類)が、通常より多くなったり少なくなったりと大幅に量が変わっていることもわかったという。

フランクリン氏は今回の研究について、「甘いソフトドリンクなどは、肥満の原因になるだけでなく脳の化学物質にも影響があることがわかった。今後はこういったジュースを飲む前に一度、このことについて考えてほしい」とコメントしている。

≪関連記事≫

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking