米Twitter社の採用面接で実際に訊かれた難問10選

Text by

  • 1
Shutterstock

Shutterstock

今月7日、ニューヨーク証券取引所で株式を公開し、待ちに待った上場を果たしたTwitter。IPO申請時には幹部らの給料が公になり、「まさにアメリカンドリーム!こんな会社で働きたい!」と叫んだ人も多かったはず。そこで今回は、当サイトでおなじみの面接で訊かれる難問シリーズとして、人気ベンチャー・Twitterの採用面接で訊かれた質問をお届け。米ニュースサイト「Business Insider」がQ&Aサイト「Glassdoor」に寄せられたユーザーからの投稿をまとめた『 If You Want To Work For Twitter, You’d Better Be Able To Answer These Questions』を元に、一般人ならまず戸惑うだろう超難問を10問選出したみた。

1. 趣味でも本でも、これまでに携わったプロジェクトでも何でも構わないので、それについて5分間で説明してください。

2. マーケティングがうまいと思うブランドと、ヘタだと思うブランドについて議論してください。

3. 「Twitter」というブランドのどこに興奮しますか?

4. スクールバスにはいくつのゴルフボールが入るでしょうか?

5. あなたのことを雇うべきでない理由を教えてください。

6. あなたのお気に入りのインターネット・ミームはなんですか?

7. ここ(Twitter)で働くことは、あなたのキャリアにとっての後退だと感じますか?

8. あなたの五カ年計画を教えてください。

9. あなたが恐れているものはなんですか?

10. Twitterが人々にとって意味のあるものであり続けるためには、どのように改変する必要がありますか?

≪関連記事≫

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking