運動嫌いに朗報!! テレビでスポーツ観戦をするだけでも微妙にカロリーを消費できることが判明

Text by

  • 1
Shutterstock

Shutterstock

適度な運動が健康に良いことはわかっている。わかっているけど体を動かすのはどうしても苦手…という人も多いだろう。そんな人に嬉しい研究結果が飛び込んできた。なんと、実際に体を動かさずとも、ソファに座ってテレビでスポーツ観戦をするだけで少なからずカロリーが消費できることがわかったのだ。

Frontiers in Autonomic Neuroscience誌に掲載されたウェスタンシドニー大学の研究によると、人は、他人が走っている動画を観ると、あたかも自分が運動しているかのように心拍数や呼吸速度、皮膚血流、発汗量などが上がることが明らかになったとか。また、動画の中の人が体を動かすのをやめると、見てる側の心拍数なども通常に戻るそう。第三者の動きを見るだけで自分の筋肉交感神経の動きが活発になることが証明されたのは、今回が初めてだという。

実験は、被験者の神経に極細の針を通しておこなわれ、神経細胞から血管に送られる電気信号を記録。リラックスしてソファに座った状態と、その状態で人がジョギングをしているビデオを観てもらったときの体の変化を比較した。研究を指揮したレイチェル・ブラウン女史によれば、ビデオを観たときに表れた身体的な反応は心因性のもので、体ではなく心に起因していたそう。ただし、スポーツ観戦で得られるエクササイズ効果は微々たるものであり、実際の運動の代替にはならないことは心に留めておいて欲しい。

≪関連記事≫

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking