ネットにつないでいなくても“音”だけでパソコンのハッキングができる可能性が明らかに:ドイツ研究

Text by

  • 14
Shutterstock

Shutterstock

パソコンを利用する人にとって、ウィルス対策は避けては通れないもの。とはいえネットにさえつながっていなければ、感染することもないだろうなんて高をくくってはいないだろうか。そんな考えは甘い!なんとこのほどドイツの研究チームが、ネット環境がなくてもオーディオ機能を使ってハッキングができることを発見した。

Fraunhofer Institute for Communication, Information Processing, and Ergonomicsの研究チームが発表した報告書によると、彼らは、電話線にもLANケーブルにも、もちろんWi-Fiにもつながっていない完全に隔離されたコンピュータに、音のみを使って侵入することに成功したそう。しかもその音は、人の耳には聞こえないような周波数で、例えて言うなら犬笛のような音だとか。実験では、未改造のLenovo T400のマイクロフォンとスピーカーを使い、ハッキング用コンピュータから少量の情報を送ったといい、その気になれば暗号化キーやテキストファイル、さらにはパスワードなどを伝達することも可能だという。なお、音が届く範囲は最長で65フィート(約20メートル)とのことだが、メッシュネットワークを使えばワイヤレスでもっと遠くまで音を伝えることもできるそうだ。

研究チームによれば、音のハッキングを防ぐためには、音声フィルターで脅威をブロックするか、コンピュータのオーディオ機能を無効にするほかないとのことだ。

≪関連記事≫

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking