貧乏な人に効果あり!! 過去の栄光に浸るとIQが高くなるとの調査結果

Text by

  • 27
Shutterstock

Shutterstock

どんな人にも、人生の中で1度や2度くらい“誇らしい!”と思える瞬間を経験したことがあるだろう。そのときを思い出すと自然と気分がよくなるものだが、経済的に困難な状態にある人がこういった思い出に浸ると、頭まで良くなることが新たな調査により明らかになった。

カナダのブリティッシュ・コロンビア大学が、アメリカ・ニュージャージー州のホームレスや貧困者向けの炊き出し施設でおこなった同調査。実験では、施設の利用者約150人を対象に、それぞれ個人的な思い出などをテープレコーダーに録音してもらい、その後問題解決のテストを受けてもらった。すると、意図的に過去の誇らしい瞬間などポジティブなことについて語らされ、いわゆる自己肯定をしていた被験者は、脳が活性化されてテストの成績が著しく良かったそう。また、これらの人々は、地方の自治体などから保護を求めるための情報を得ようとする確率も高かったとか。これは、過去の栄光や楽しかった日々を思い返すことにより自己価値が高まり、正しい判断をくだす妨げとなっている自身に対する恥辱や心理的障壁が取り除かれるためだと考えられるという。

過去の調査で、金銭面での悩みで頭がいっぱいになると、IQが通常より低下することがわかっている。そんなときは昔の栄光を思い出して自尊心を高めることで、頭がスッキリして正しい判断がくだせるようになるのかもしれない。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking