子どものいないカップルは子どものいるカップルより幸せ?:イギリス調査結果

Text by

  • 2
Shutterstock

Shutterstock

子どもをもつかもたないか。結婚を考える年齢になれば、誰もがぶち当たる選択肢だ。昨今では、自ら望んで子どものいない生活を選ぶ夫婦も増えてきているようだが、新たな調査によれば、その選択は間違ってはいないのかもしれない。

イギリスのオープン大学が、長期間付き合っている恋人または妻、夫のいる5000人以上を対象におこなった同調査。それによると、子どものいるカップルと子どものいないカップルでは、結婚しているかどうかに関わらず子どものいないカップルの方がお互いの関係に対する満足度が高く、パートナーから大切にされていると感じていることがわかったとか。また、子どものいるカップルは親密度が低く、男性にとっての最大の悩みは妻(恋人)との肉体関係が減ったことで、女性にとっての悩みは以前ほどセックスをしたくなくなったことだったという。

一方で、人生全体に対する満足度が最も高いのは子どものいる女性で、母となった女性は例えパートナーとの仲が悪くても幸せでいられるそう。逆に、子どものいない女性は既婚未婚に関係なく最も不幸だと感じており、女性にとって子どもの存在が人生において大きな意味をもつことがうかがえる。

なお、同調査によると、年齢や性的指向、婚姻関係の有無に関わらず、カップルの関係を健康に保つために一番重要なのは「ありがとう」などのお礼や些細な褒め言葉だとのことだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking