世界一簡単に健康的な食生活が送れる国ランキング 日本はアメリカと並んで21位

Text by

  • 1
123RF

123RF

家族のためや自分のために健康的な食事を心がけている人は多いだろう。しかし、健康に良いとされるものは値段が高かったり、なかなか売っていなかったりと手に入りづらいこともある。そこで、貧困に生きる人々を支援する団体オックスファム(Oxfam)が、世界125カ国の中で最も健康的な食へのアクセスが整っている国ランキングを発表した。

その国で一般的に食べられている食物の質や、価格、栄養価、さらには糖尿病、肥満、栄養不良の患者の人口などをもとに導き出した同ランキング。総合ランキングで1位に輝いたのはオランダで、2位はフランスとスイス、4位はデンマーク、スウェーデン、オーストリア、ベルギー、8位はアイルランド、イタリア、ポルトガル、ルクセンブルク、オーストラリアとヨーロッパ諸国が上位を独占した。オックスファムによれば、1位のオランダは、バラエティに富んだ高栄養な食事と、比較的低価格の食料品、糖尿病患者の数が少ないことなどが評価されたという。

気になる日本は、アメリカと同等の21位。糖尿病や肥満、栄養不足や低体重の子どもの数は125カ国の中で最も少なかったものの、食料品の価格の変化が激しい国の1つとしても挙げられており、これが総合ランキングに大きく響いたようだ。

トップ12は以下の通り

  • 1位 オランダ
  • 2位 フランス、スイス
  • 4位 デンマーク、スウェーデン、オーストリア、ベルギー
  • 8位 アイルランド、イタリア、ポルトガル、ルクセンブルク、オーストラリア

なお、上記とは逆に、健康的な食生活を送りたくても送れない国のワースト5には、チャド、エチオピア、アンゴラ、マダガスカル、イエメンなどアフリカの国が多くランクインした。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking