午後9時以降スマホを使用すると、翌日の仕事の生産性がガタ落ちするとの調査結果

Text by

  • 13
123RF

123RF

スマホやタブレット、パソコンなどから放たれるブルーライトは、眼精疲労や視力低下を引き起こすだけでなく、不眠の原因にもなるとされている。寝不足が続けば当然日常生活に支障がでてくるわけで、新たな調査によれば、午後9時以降もスマホなどの電子機器を使い続けると、翌日の仕事の生産性がガタ落ちすることがわかったという。

「精神的に依存させ、仕事から離れられなくさせるスマホは、睡眠を妨げるためにデザインされたようなもの」と話すのは、今回の調査を指揮したミシガン州立大学Eli Broad College of BusinessのRussell E. Johnson助教授。調査は2度に渡りおこなわれ、1度目は、MBA取得プログラムに参加している管理職レベルの被験者82人に、10日間毎日スマホやパソコン、テレビの利用時間などに関する2種類のアンケートを実施。2度目は、さまざまな業種や役職の被験者161人に同じく10日間、2種類のアンケートに答えてもらった。

その結果、午後9時以降もスマホを使って仕事のメールに対応していたり、実際に業務をこなしていたりする人は、質の良い睡眠を得られていないことが明らかに。それ故に、翌朝思うように力が出ず、その日1日の仕事の効率も悪くなる可能性があるという。また同調査では、スマホが人のエネルギーレベルや睡眠に与える影響は、テレビやパソコンなどほかの電子機器に比べて大きいことも判明。これは、スマホが発するブルーライトが他の機器によるものよりも強烈だからだと考えられるそうだ。

「夜間のスマホの利用は、人々の睡眠や、睡眠による回復機能に精神的にも生理的にも影響を及ぼす」とJohnson助教授。スマホの普及により、業務時間外でも素早くメール対応ができるようになったが、生産性が下がっては元も子もない。夜9時以降はなるべくスマホを見ないように心がけることで、良質な睡眠と仕事の効率アップの両方が見込めるかもしれない。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking