おしゃべりな男は嫌われる!? “無口”は究極の男らしさであるとの調査結果

Text by

  • 5
123RF

123RF

ピーチクパーチク口うるさい男性よりは、口数が少なくて物静かな男性の方がミステリアスで魅力的……そう思っている女性は多いだろう。それもそのはず。カナダのブリティッシュ・コロンビア大学の調査により、“無口”は究極の男らしさの表れであることが明らかになった。

一般的な女性は、男性の3倍の量の言葉を1日に発しているとされている。そのため、おしゃべりな男性はより女性的でかっこよくないと感じる傾向があるのだとか。実験では、被験者30人の声を録音し、それぞれの魅力度を1~9点で評価してもらった。その結果、男性の場合は1つ1つの言葉が短く、低い声の人がよりかっこいいと受け取られることが判明。

調査を率いたMolly Babel女史によれば、しゃべり方や声は、その人にとってより典型的な男性、もしくは女性のイメージに近いほど魅力的に捉えられると考えられるそう。そのため男性は、女性とは対照的に無口で声が低い人がより男らしい、つまりイケメンに違いないと解釈されるのだという。

なお今回の調査では、人々は自分と似た訛りや口調の人に好意を抱くほか、しわがれた声は風邪や疲労、喫煙などを連想させるためモテないこともわかっている。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking