レーシックよりも効果的!? ゲームをしながら劇的に視力がアップするアプリが登場

Text by

  • 23
123RF

123RF

目が悪くてお悩みの方に朗報だ。お金をかけてレーシック手術を受けなくても、ゲーム感覚で視力アップができるiPad用アプリが誕生した。

米カリフォルニア大学リバーサイド校(UCR)の神経科学者らとCarrot Neurotechnologyが開発した「UltimEyes」は、脳を鍛えて視力を高めるアプリ。通常脳は、目でとらえた情報をガボールパッチと呼ばれるパターンに分割して処理しているのだが、同アプリでは画面に直接ガボールパッチが映し出され、それを見ることにより脳が効率的に視覚情報を処理できるようになるという仕組みだ。また、「UltimEyes」はポイントシステム付きのため、ユーザーは楽しみながら視力回復に臨むことができる。

開発者の1人であるAaron Seitz氏によれば、UCRの野球選手19人を対象に「UltimEyes」の効果を試したところ、25分間のインターバルを挟んで30回アプリを使用した結果、平均して視力が31%上がったそう。それにより、19人中11人の選手の打率が上がり、ボールがよく見えるようになったと報告しているほか、周辺視力がよくなり、目も疲れにくくなったということだ。

「UltimEyes」は現在のところiOSのみの対応で、App Storeから600円でダウンロード可能。花粉でコンタクトをつけているのが辛くなるこれからの季節、このアプリで視力アップを目指してみてはいかがだろう。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking