食べ物を落としたときの『5秒ルール』には科学的な根拠があることが判明

Text by

  • 10
123RF

123RF

食べ物を地面などに落としたとき、5秒以内だったら食べても大丈夫!とする『5秒ルール』なるものが存在するが、このほどこの法則が単なる迷信ではなく、科学的な根拠があるものだということが調査により証明された。

『5秒ルール』は迷信なのか?実際に検証

日本だけでなくアメリカやイギリスなど世界規模で広く知れ渡っている『5秒ルール』。「1度落ちたら5秒でも1時間でも同じだろ」と思いながらも気休めとして実行していた人も多いのでは。そこで、英アストン大学の微生物学教授アンソニー・ヒルトン氏率いる研究チームは、大腸菌と黄色ブトウ球菌がどのようにして地面から食べ物に移動するのかを調査。実験では、カーペットやプラスチック、タイルなど屋内のさまざまな種類の床にトーストやパスタ、クッキー、ハム、ドライフルーツなどを落とし、菌が付着する様子を検証した。

床の種類によって菌が付着するまでの時間は異なる

実験の結果、食べ物が地面に落下してから菌がつくまでには、確かにタイムラグがあることが明らかに。特にカーペットの上に落とした場合は、5秒以内であれば菌が付着する確率は低いことがわかったとか。ただし、床の種類によってはこの法則が適用されないものもあり、中でもフローリングに落とした食べ物には瞬時に菌が付着してしまうのでNGだそう。言わずもがなベタベタした食べ物の場合は問答無用で諦めた方がいいという。

罪悪感ゼロで拾い食いが可能に!?

今回の調査結果についてヒルトン教授は、「床に落とした食べ物を口にする際のリスクは、その床にどのような菌が潜んでいるかにもよる。しかし、(カーペットにおいては)5秒ルールが迷信ではないことがわかり、これまで信じて実行してきた人は少し安心できるのでは」とコメント。もちろん、だからといって床に落ちたものも必ず食べろとは言わないが、ついついポロリとやってしまう不器用な人は、今度から罪悪感ナシで拾い食いができるようになるのは間違いないだろう。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking