睡眠不足が続くと神経細胞が失われ、永久に回復不能になることが明らかに

Text by

  • 12
123RF

123RF

睡眠不足が健康に悪いことは重々承知だろう。しかし、少しくらい寝不足の日が続いても、週末に寝溜めすればすべてチャラにできるなんて思っていないだろうか。

このほど新たな研究により、睡眠が足りていない状態が習慣化すると脳がダメージを受け、いくら眠っても修復不可能になってしまうことが明らかになった。

寝不足が続くと神経細胞の25%が死滅

米ペンシルバニア大学医学大学院がおこなった同研究によると、情報処理や伝達をおこなう神経細胞(ニューロン)は、睡眠不足が原因で損傷したり、失われたりすることがわかったそう。

またマウスを使った実験により、寝不足が一時的な場合は細胞が修復できるが、数日間続くようだと細胞が死滅してしまうことも判明。なんでも、睡眠不足が短期間の場合はサーチュイン3と呼ばれる神経細胞を保護するタンパク質が生成されるが、習慣化するとこのタンパク質がつくられなくなり、結果的に細胞が死んでしまうのだとか。

なお同実験では、長期に及び寝不足状態が続いた場合、マウスの神経細胞の実に25%が失われることが明らかになったという。

寝不足から脳を守る薬ができる?

研究を率いた神経科学者のSigrid Veasey女史によれば、継続的な睡眠不足が脳細胞の喪失を引き起こすことがわかったのは今回が初めてだそう。

今後は、人間でも同じ現象が起きるかどうかは今後も研究を進め、将来的にはシフト勤務などイレギュラーな労働時間による睡眠不足から脳を守るための薬の開発につながれば、と同女史は語っている。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking