史上最“楽”のダイエット法が判明!コツはマインドコントロールだった

Text by

  • 16
123RF

123RF

気温が暖かくなるにつれ、間近に迫った薄着の季節の到来に心底脅えているという人も多いのでは。そんな人に朗報だ。これまで考案された中で最もラクに痩せられるであろうダイエット法が明らかになった。

運動・食事制限ゼロの最楽ダイエット法

史上最“楽”と思えるこのダイエット法は、運動や食事制限は一切無し。必要なのは自分の“意思”だけで、“意志”の弱い人でも挑戦できる。

というのも、米コロンビア・ビジネス・スクールの心理学者アリア・クラム女史がおこなった調査により、人は“思い込み”によって自らの新陳代謝を速めたり遅くしたりすることが可能だとわかったからだ。

“思い込み”で新陳代謝がアップ

クラム女史が実施した実験では、被験者に380kcalのミルクシェイクを与え、飲む前と後のグレリン(食欲を増進させる働きをするホルモン)の数値を測定。そのとき、1つのグループにはシェイクのカロリーを実際より多く(620kcal)伝え、もう1つには少なく(140kcal)伝えた。(グレリンは、数値が上がると空腹感が増し、数値が下がると代謝が速まりカロリーが燃焼されるとされている。)

すると、自分が飲んだシェイクが620kcalだと思っていた被験者は、低カロリーのシェイクを飲んだと思っていた被験者よりもグレリンの数値が下がるのが3倍も速かったとか。つまり、同じ食品でも、高カロリーだと思って摂取すると早くに満腹感を感じ、新陳代謝も速くなるということだ。

自分を騙すことがコツ

今回の調査結果を受けクラム女史は、「低カロリーの食事を高カロリーだと思い込みながら摂取することで、体重が落とせる可能性がある」とコメント。

サラダなどヘルシーなものを食べるときは物足りなさを感じてしまったりもするが、今後は「脂身たっぷりの肉を食べているのだ!」と自分をマインドコントロールすることで、満足感を得つつダイエットを成功させることができるかもしれない。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking