世界で最も金持ちが多い都市トップ10発表!1位は昨年に続きロンドン、東京は圏外

Text by

  • 0
123RF

123RF

英不動産大手のナイト・フランク社が、2014年版ウェルス・レポート(Wealth Report)を発表。世界で最もお金持ちが多い都市のトップ10が明らかになった。

金持ちが多い都市第1位はロンドン

世界90カ国以上を対象に、金融資産3000万ドル(約30億円)以上のUHNWIs(Ultra High Net Worth Individuals)と呼ばれる富裕層、百万長者、億万長者の数をそれぞれ分析して導き出した同データ。

それによると、世界で最も金持ちが集まる都市は、昨年に続きイギリスのロンドンという結果に。トップ10は下記のようになっている。カッコ内は昨年の順位。

  • 1位 ロンドン(1位)
  • 2位 ニューヨーク(2位)
  • 3位 シンガポール(3位)
  • 4位 香港(4位)
  • 5位 ジュネーブ(5位)
  • 6位 上海(6位)
  • 7位 マイアミ(8位)
  • 8位 ドバイ(7位)
  • 9位 北京(10位)
  • 10位 パリ(9位)

アジアはシンガポールと香港がアツい!

ご覧の通り、1位から6位までは昨年と順位が変わっておらず、アジアで最もお金持ちな都市の座はシンガポールが死守している。ただし、ナイト・フランクによれば、アジアの諸都市の順位は向こう10年で少なからず変動するとみられ、2024年には香港がシンガポールの勢いを越えるだろうとのこと。

また同レポートでは、将来的にクル!とされる未来の金持ち都市を5つ予想しており、サンパウロ、イスタンブール、アブダビ、ムンバイ、シドニーがあげられている。ムンバイは、10年後を予想したランキングの第10位にも入っており、かなりの発展が期待できそうだ。

以下はナイト・フランクが予想する2014年の金持ち都市トップ10

  • 1位 ニューヨーク
  • 2位 ロンドン
  • 3位 香港
  • 4位 シンガポール
  • 5位 上海
  • 6位 北京
  • 7位 ドバイ
  • 8位 マイアミ
  • 9位 ジュネーブ
  • 10位 ムンバイ

なお、残念ながら日本の都市は圏外だった。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking