アーモンドは2型糖尿病やダイエット、老化防止に効果的との研究結果

Text by

  • 8
flickr_HealthAliciousNess

flickr_HealthAliciousNess

これまでにもIRORIOでは、ナッツ類が健康に良いという研究結果を何度かお伝えしてきた。

特に胡桃は脳卒中やがんの予防にもなるとのことで、小腹が空いたときのちょっとしたオヤツとしてオススメだが、このほどアーモンドにも負けず劣らずの健康効果があることが明らかになった。

糖尿病やダイエットに効果的

米サンディエゴで開催された米国栄養科学会議で発表された6つの研究によると、アーモンドを日常的に摂取することにより、栄養面や生理学的状態が改善されたり、2型糖尿病患者の症状が良くなったりといった効果があるとわかったそう。

また、1.5オンス(約42.5グラム)のドライロースト・アーモンド(薄塩)を毎日食べると、血糖値を穏やかになり、食欲がコントロールできてダイエットにも役立つとか。

1.5オンスのアーモンドの熱量は250kcalほどだが、実験で6週間食べ続けてもらったところ被験者に体重の増加はみられず、それどころか、高炭水化物のオヤツを食べていたグループよりも内臓脂肪やウエストサイズの減少が確認されたとのことだ。

老化防止作用のあるフラボノイドも

アーモンドは、紫外線によるダメージやアルツハイマー病から守ってくれる一価不飽和脂肪酸とビタミンEが豊富なほか、骨を強くしたり、血糖値を正常に保ったりする作用のあるマンガンや、内臓や筋肉、神経機能、血圧の調節に必要不可欠なマグネシウムといったミネラルもたくさん含んでいる。

さらに皮の部分には抗酸化作用がありビタミンEの効果を強めてくれるフラボノイドが集まっているので、老化防止にも効果的。

健康が気になる方は、アーモンドを日々の食生活に取り入れてみてほしい。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking