半年に1度絶食をすると免疫力が高まり、長生きできるとの研究結果

Text by

  • 24
123RF

123RF

ダイエットのために、プチ断食を試したことがあるという人もいるのでは。食べ物をろくに食べないので体重が減るのはもちろんだが、断食にはそれ以外にも体に好影響があるとか。

なんでも、1年に8日程度断食をすると、体の免疫力が格段にアップすることがわかったというのだ。

半年に1度の断食で免疫システムを再生

米南カリフォルニア大学のValter Longo氏によれば、空腹状態になると体がエネルギーを蓄えようとし、不必要な免疫細胞がリサイクルされるそう。

同氏の研究チームがおこなった実験では、6カ月に1度2~4日間絶食することで体がサバイバルモードに切り替わり、蓄積された脂肪や糖分を使い始めたり、古い細胞を分解し始めたりすることが明らかに。

その後、幹細胞に全システムを再生するよう信号が送られ、新たな免疫システムがつくられるのだという。

化学療法中のがん患者にも効果的

絶食による免疫力の強化は、加齢や化学療法で細胞がダメージを受けている人などに特に有効で、パイロット実験では、化学療法の前に72時間断食をしたがん患者は、白血球の減りが少ないことが確認されたとか。

また、マウスを用いた実験でも、断食をすることにより化学療法の副作用が減少し、死亡するリスクが低下することがわかったという。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking