最もワーク・ライフ・バランスをとりやすい職業トップ20

Text by

  • 33
Shutterstock

Shutterstock

仕事とプライベートの両立は、全ての働く人にとって最大のゴールではないだろうか。

生きるためにはお金が必要で、働かなくてはならない。しかし、働くためには健やかな体と精神が必要であり、それらを得るためにはプライベートを充実させることが重要だ。

では、どのような職業に就けば、ワーク・ライフ・バランスを保つことができるのか。米キャリアサイトのGlassdoorが、さまざまなフィールドで働くユーザーによる自己採点(5段階)をもとに、最もワーク・ライフ・バランスをとりやすい職業トップ20を発表した。ランキングは以下の通り。

1位 データ・サイエンティスト(4.4)
2位 SEOスペシャリスト(4.3)
2位 ツアーガイド(4.3)
2位 ライフガード(4.3)
2位 ソーシャル・メディア・マネージャー(4.3)
3位 グループ・フィットネス・インストラクター(4.2)
3位 ユーザー・エクスペリエンス・デザイナー(4.2)
4位 コーポレート・コミュニケーションズ(4.1)
4位 消防士(4.1)
5位 株トレーダー(4.0)
5位 法務書記(4.0)
5位 投資アナリスト(4.0)
5位 議員秘書官(4.0)
6位 オフィス・アシスタント(3.9)
6位 営業職(3.9)
6位 ヘルプデスク(3.9)
7位 臨時教員(3.8)
7位 大工(3.8)
7位 不動産仲介(3.8)
7位 ゲーム・デザイナー(3.8)

上位5つの職業についている人々は現在のポジションについて、

  • 優秀な同僚ばかりで、一緒に働くのが楽しい。ワーク・ライフ・バランスは最高。(Facebook Data Scientist)
  • 会社の文化が素晴らしく、成長する機会も豊富。よく遊んでよく働くという精神の仲間に囲まれていて楽しい。(Geek Powered Studios SEO)
  • 学ぶ機会がたくさんあり、上司も部下のことを思いやってくれる。新しい人に出会えるチャンスも多くて働くのには絶好の環境。(Atlanta Tour Guide)
  • 働く時間がフレキシブルで、必要なときに休みをとれる。同僚もフレンドリーで福利厚生も充実している。(YMCA Lifeguard)
  • 自分の仕事は、会社にとってもクライアントにとっても、そして自分自身のキャリアにとっても重要なんだと感じられる。忙しいけれど、職場はいつも楽しく、ワーク・ライフ・バランスもいいと思う。(Abstrakt)

とコメント。ワーク・ライフ・バランスがとれている人ほど仕事に対する充実度も高いもの。今現在仕事とプライベートのバランスが崩れているという人は、上記のランキングを参考に、自分のキャリアについて再考してみるといいかもしれない。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking