【訃報】米俳優ロビン・ウィリアムズが死去。ハリウッドスターらが続々と悲しみのコメントを発表

Text by

  • 0
therobinwilliams/Instagram

therobinwilliams/Instagram

現地時間8月11日、俳優でコメディアンのロビン・ウィリアムズが、カリフォルニア州マリン郡の自宅で死亡しているのが見つかった。死因は窒息で、自殺を図ったとみられている。享年63歳だった。

名門ジュリアード大学で演劇を学んだ後、スタンダップ・コメディアンとしてキャリアをスタートさせたウィリアムズ。1980年に映画デビューして以降は、『アラジン』のジーニーの声や、『ミセス・ダウト』でのコミカルな演技で人々を魅了。1997年公開の『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』ではアカデミー助演男優賞を受賞するなど、実力派俳優として知られていた。

しかし私生活では、若い頃からドラッグやアルコール依存症と闘っており、2006年にはリハビリ施設に入所。その後復帰したが、今年7月、再びアルコールが原因でミネソタ州の施設に入所したと伝えられていた。

広報担当者が語ったところによると、ここ数ヶ月間は重度のうつ状態が続いていたというウィリアムズ。突然の訃報に、ハリウッドスターたちからは続々と悲しみのコメントが寄せられている。

■ケイティ・ペリー

「ロビン・ウィリアムズの死、とても悲しいわ。」

■マイリー・サイラス

「これ以上ロビン・ウィリアムズのニュースをみていられない。会ったこともない人のためにこんなに泣いたのは初めて。」

■サラ・ミシェル・ゲラ―

■エヴァ・ロンゴリア

「ご冥福をお祈りします。みんな忘れません…」

■リア・ミシェル

「とても悲しい知らせ。私たちにたくさんの笑いと喜びを届けてくれてありがとう。」

■リアーナ

「ロビン・ウィリアムズの悲しい知らせに心が痛むわ。安らかに眠ってください。」

■リンジー・ローハン

「『ファミリー・ゲーム/双子の天使』の撮影初日に挨拶しに来てくれたウィリアムズさん。彼の優しさは一生忘れないわ。本当に大きな損失。お悔やみ申し上げます。」

■ケヴィン・スペイシー

「ロビン・ウィリアムズは、我々を笑わせ、そして考えさせてくれた。彼のことをずっと忘れず、敬服し続けるよ。素晴らしい男であり、アーティストであり、友だった。言葉では表せないほど寂しいよ。」

また、米アカデミー賞の選考などをおこなう映画芸術科学アカデミーも、こんなツイートを。

「ジーニー、君は自由だ」

さらにオバマ米大統領も哀悼の意を表明。

「あるときは飛行士で、またあるときは医者、ジーニー、乳母…そしてそのすべてだったロビン・ウィリアムズ。そんな彼は唯一無二の存在だった。」

つい2週間前には、Instagramに愛娘へ向けたバースデー・メッセージを書き込むなど、順調に回復に向かっていたかのように思われていただけに、ハリウッドのみならず世界中に悲しみが広がっている。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking