転職するならオフィスワーク系?最もストレスフリーな職業&ストレスフルな職業

Text by

  • 1
123RF

123RF

精神的なストレスが体に及ぼす悪影響については皆さんよくご存じだろう。できることなら誰だって、ストレスのない生活を送りたいもの。

特に1日の大半を過ごす職場では、できるだけ心穏やかに過ごしたい。

そこで今回は、米キャリアサイトのCareerCastによる、「最もストレスフリーな職業ベスト10」と、「最もストレスフルな職業ワースト10」をご紹介しよう。

最もストレスフリーな職業ベスト10

1位 聴覚訓練士(言語聴覚士)
2位 ヘアスタイリスト
3位 宝石商
4位 大学教授
5位 裁縫師
6位 栄養士
7位 医療事務
8位 司書
9位 マルチメディア・アーティスト
10位 ドリルプレスのオペレーター

最もストレスフルな職業ワースト10

1位 軍隊の下士官兵
2位 軍隊の将官
3位 消防士
4位 パイロット
5位 イベント・コーディネーター
6位 PRエグゼクティブ
7位 会社社長
8位 新聞記者
9位 警察官
10位 タクシー運転手

オフィスワークはストレスが少ない?

出張の頻度やその職業の将来性、公共の目にさらされているか、自分や他人の命が危険にさらされる可能性があるかといった11の項目から職場でのストレスの度合いを測定したこのランキング。

総合的に見て、室内での仕事がメインで、体を動かさずに済むオフィスワーカーはストレスが少なく、逆に命の危険が伴う職業はストレスが多い傾向があるよう。

また、ストレスフリーな職業は、聴覚訓練士や大学教授、栄養士など資格や学位が必要なものが多いのも特徴的だ。

聴覚訓練士は満足度も高い

最もストレスの少ない職業の第1位に輝いた聴覚訓練士(言語聴覚士)は、耳の不自由な患者の援助をおこなう職業。

精神的、身体的なストレスが少ないのはもちろんのこと、患者の人生を左右する仕事でもあるため、満足度が高いのもストレスが少ない理由だという。

その他の職業も、苦労することは多いが金銭的にも精神的にも報酬が大きいため、次第にそういったご褒美がストレスを勝るようになるようだ。

危険な職業はやっぱりストレス大

一方で、最もストレスの多い職業の上位には、軍隊や消防士、パイロットなど自分の命はもちろん他人の命も預かるような責任重大な仕事がランクイン。

そのほかイベント・コーディネーターやPRエグゼクティブ、新聞記者などは、タイトなスケジュールや締め切りに負われる日々などにストレスを感じているそうだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking