人は33歳になると新しい音楽を聴かなくなるとの調査結果

Text by

  • 12
123RF

123RF

子どもの頃、家族でドライブに行くと父親は決まって一昔前の歌謡曲を車内でかけ、ご機嫌に口ずさんでいた。

そんな父の背中を見ながら幼心に、「うちのお父さんって流行に疎くてイケてない…」なんて思っていたが、どうやらこれは父に限ったことではなかったよう。

新たな調査により、人は33歳を迎えると、新しい音楽に興味がなくなってしまうことがわかったのだ。

20代後半から音楽の趣味が成熟

音楽ストリーミング配信サービスのSpotifyが、アメリカ人のユーザーを対象におこなったこの調査。

それによると、10代の若者の音楽の好みはポップミュージックが大半を占めているが、20代後半になると徐々にその割合が小さくなり、30代前半で新しい音楽を聴くのをやめてしまう傾向があったとか。

年をとるにつれてポップミュージックを聴かなくなる理由としては、20代に入ると音楽の趣味が成熟し、テレビやラジオで流れてくるようないわゆるヒット曲よりもマイナーなアーティストの曲を発見したり、10代の頃に聴いていた懐かしの曲を再び聴き始めたりするためだと考えられるそう。

男性は女性より新しい曲に疎い

なお同調査では、男性は女性よりも“ポップミュージック離れ”が早いことや、子どもをもつ親は同世代の独身よりもポップミュージックを聴かなくなることも同時にわかったという。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking