「35歳転職限界説」崩壊? 転職成功者の平均年齢が伸びているワケ

Text by

  • 1
shutterstock

shutterstock

「転職するなら20代、少なくとも35歳までにした方がいい」と一般的に言われてきた。しかし、近年の雇用環境の変化から、そうも言えないニュースが届いた。インテリジェンスの運営する転職サイト「DODA」が、同サービスを利用した人を対象に調査を行った。それによると転職者の平均年齢は、2008年1~3月の28.9歳から右肩上がりで、2013年10~12月には31.9歳と6年間で2.4歳上昇していることが分かった

同調査によれば、「25~29歳」の割合が大きく減少。2007年4~9月の49.2%に比べ、2013年10~12月は40.3%と、8.9ポイントも減少した。一方、「40歳以上」の割合は2.5%から9.3%、「35~40歳」も8.0%から14.3%と大幅に増加。2013年10~12月には35歳以上の割合が23.6%と転職者の4分の1を占めた。

ミドル層の転職活発の理由は2つ挙げられている。1つは、マーケットの変化が急速であること。社内でポテンシャルの高い人材を育成する方法では対応できず、社外から高いスキルを持ったミドル層を採用する動きが活発化している。もう1つは、年功序列型の給与体系崩壊。転職の際、前職の給与を参考に決定するが、年功序列型では能力以上に高い給与が支払われていることが多かった。しかし、能力基準の給与体系を取る企業が増えたことから、転職の際に能力以上の給与を払うケースが減った。そのため、ミドル層の採用に対して企業側も積極的になった背景があるという。

業種別に見ると、最も転職年齢が高い業種が「メディカル系」で33.2歳。次いで、「建設/不動産」が32.2歳、「メーカー」が32.0歳だった。職種別に見ると、「技術系(建築/土木)」が36.0歳と最も高い。次いで、「技術系(電気/機械)」が33.2歳、「企画/管理系」33.1歳、「専門職系」33.1歳。いずれも、資格やスキル、経験などが優遇される職種や業種だった。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking