センター試験に代わる「達成度テスト」、学生の賛否は?

Text by

  • 3
shutterstock

shutterstock

教員ステーションは2014年2月21日、同サービスを利用する学生へのアンケート「センター試験廃止に賛成or反対?」の結果を発表した。

同調査では、センター試験廃止に「賛成」と答えたのは34%、「反対」と答えたのは66%だった。両者の意見で最も違いが出た点は、センター試験廃止後に導入される見込みの「達成度テスト」(仮称)についての賛否だった。達成度テストでは5~10段階程度で学力を評価することを検討されていて、学生は複数回にわたって受験できる。さらに各大学で実施される2次試験では、面接・論文・ボランティアなどの学外活動での実績をもっと評価するように求めるという。こうした変更に対して、賛成派は複数回受験を支持する一方で、反対派は一発勝負が望ましいとの考えを示している。

賛成派・反対派共に、共通している点もある。第一に生徒の学力・能力をより正確に測ることができる入試制度を求めていることだ。賛成派は「センター試験の解き方が形式化・テクニック化されているとともに、全て選択式であることから勘の良さによる偶然の得点獲得の可能性も生じやすく、学力の正確さに欠ける」と問題を感じている一方、反対派は「面接の基準も面接をする人によって違うと思うので、不正が行われる可能性が高くなり、平等でなくなってしまう」「5~10段階の評価では受験生の学力が細かく正確に把握できない」といった点を疑問視している。

賛成派と反対派、第二の共通点は、生徒たちに単なる受験勉強以外のさまざまな機会を提供したいと考えていることだ。賛成派は、新しい入試制度によって学生の目線をボランティアなどの学校生活以外に向けることができるのではないかと考える一方、反対派は達成度テストが複数回にわたって実施されることで、今まで以上に勉強に拘束される時間が増えるのではないかと懸念している。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking