日本人がNY地下鉄で暴行を受ける。犯人は逃走中でNYPDも注意喚起!

Text by

  • 0
flickr_Swaminathan

flickr_Swaminathan

ニューヨークといえば、テレビや映画でおなじみのアメリカ最大の都市。旅行だけでなく、ビジネスや留学などで訪れた日本人も多いだろう。

夏休みも近づき、ニューヨークに行く人が多くなりそうな時期に、驚くべきニュースが届いた。在ニューヨーク日本国総領事館の7月16日の発表によると、ニューヨークの地下鉄で日本人に対する暴行事件が発生したのだ。しかも、犯人は依然逃走中だという。

真昼間の観光地で起きた惨劇

今回事件が起きたのは、マンハッタンのユニオンスクエア駅。ユニオンスクエア自体はニューヨーク市立大学のキャンパスがあり、バザーも不定期に行われている。また、911テロ以降は犠牲者への献花が行われる場として、現地の人間だけでなく、観光客も頻繁に訪れるスポットだ。

そんなマンハッタンの中心と言っても過言ではない駅の真昼間に事件は起きた。邦人は突然殴打され、気を失ってあごを骨折、歯も折れていたという。

NYPDも地下鉄での犯罪増加に対して警報発令

ニューヨーク市警(NYPD)もこの事件を受け、増加している地下鉄での犯罪に対して警戒と対策を呼び掛けている

一例として「財布を人前で出さず、なおかつズボンやジャケットのポケットにいれないで」「ネックレスやアクセサリーは人目にふれないようにして」「電車では寝ることはおろか、うとうともしないで」など、日本の地下鉄ではやってしまいそうなことが目白押しだ。

SNSでも日本人に対して呼び掛け

SNS上でも今回の事件に対して、「きゃー最寄りの駅だった」「真っ昼間のUnion Square駅でこれはびっくり。。。。」といった驚きの声が聞かれている。

また、「NY地下鉄ご利用時には、不審者にご注意、スマホのご利用は最低限に!自分の身はまず自分で守るよう心がけましょう」「自分の身は自分で守る大原則は世界共通な様だねヽ(・∀・)ノ 安全は全てにおいて優先する!! 御安全にヽ(・∀・)ノ」といったように、海外の日本人に対して警戒を強めるような声も上がっている。

国籍問わず、暴力事件は怖いもの。一刻も早く犯人が捕まり、少しでもニューヨークの治安が良くなってほしいものだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking