ここにもAKB商法か!? アイドルと電話で話せる権利付「ウエハース」(1コ105円)をバンダイが新発売

Text by

  • 17
プレミアムバンダイ

プレミアムバンダイ

バンダイは13日、アイドル育成シミュレーションゲーム「THE IDOLM@STER」(アイドルマスター、以下、アイマス)から、キャラクターがデザインされたクリアカード付きウエハース第二弾となる「アイドルマスターウエハース2(20個入り)」を発売すると発表した。 

アイマスは、プレイヤーが芸能プロデューサーとなって、デビューしたばかりの新人アイドルを1年間かけ一流のトップアイドルに育てるシミュレーションゲームだ。

ゲームでは、セクハラに枕営業ありの、かなり際どいストーリーを体験ができるが、エロゲーとは一線を画している。何よりも魅力は、声優たちが萌え声で歌う、オリジナル曲や一般曲のカバーなど、膨大な数の楽曲たちだ。グッズ、ドラマCD、オリジナルアニメなどマルチメディア展開を見せるなか、アイマスは、アリーナ級の会場でコンサートが開催されるほどの人気ぶりだ。

今回発売となるウエハースでは、商品1個につきアイドル1人と電話で話せる「ボイスワールド」キャンペーンを実施。専用サイトに登録すると、客はプロデューサーとしてランダムに選出された担当アイドルと、1日電話で話すことができる

電話での会話は音声認識を利用しており、アイドルからの問いかけに対する客の反応で会話が変化するというからすごい。マイページでは担当アイドルのスケジュールを確認でき、スケジュールにより話の内容が変化するそうで、ファンのヲタ心をますますつかみそうだ。

カードは全30種類。価格は1個105円。

オタク戦線もAKB商法と同様、顧客獲得にどこも必死だ。ただ、オタク文化の発展が日本男性のリア充への道を遠ざけているのではと心配になるが、いかがだろう。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking