日本が「世界に良い影響を与える」国 第1位に!! 理由は「世界のATM」「オタク文化」など!?

Text by

  • 20
shutterstock

shutterstock

英BBC放送が行った世論調査で、日本が「世界に良い影響を与えている」国の第1位に輝いた。

調査は、国際社会に影響を及ぼす16か国と欧州連合(EU)について、それぞれの国への評価を各国に聞いたもの。

良い影響を与えている国は上位から、1位 日本、2位 ドイツ、3位 カナダ、4位 イギリス、5位 中国、6位 フランスだった。日本が1位になったのは、ドイツと並びトップだった2008年以来で、昨年の前回調査ではカナダ、EUと同率で3位だった。

「良い影響」で前回1位のドイツが2位、3位のEUが6位と、EU陣が後退した背景にはは、欧州の財政・金融危機が影響したとみられている。中国は昨年9位から5位に上昇した。

一方、「悪い影響を与えている国」ランキングでは、1位 イラン、2位 パキスタン、3位 北朝鮮、4位 イスラエル、5位 ロシア、6位 韓国と続いた。

日本への各国からの印象は以下の通り。

<各国が感じる、日本の影響>

grobescan.com

こちらの図を見ると、概ねどこの国も日本が「良い影響を与えている」と感じているが、韓国や中国など、隣国からは「悪い影響を与えている」と考えられているようだ。

これを受けネットユーザーからは素直に喜ぶ声とともに、辛口な分析があがった。

<ネットユーザーの声>

「そう思ってくれてる方々に恥じない人間や国になりたいもんだね」

「日本のアニメが世界の若年層を席捲してるのが主な要因なんだけどな」

「お金ばらまいてるし戦争してないし当然だな」

「そりゃあ世界のATMだぞ 一位に決まってるだろ」

「良い影響で、中国が五位??? 意外に世界は中国を評価しているのかな。」

「戦争無関係で悪いでトップ10に入る韓国って」

(Twitter,掲示板から引用)

調査は昨年12月から今年2月に22カ国で面接または電話で実施、2万4090人から回答を得た。日本国内分を読売新聞社が担当した。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking