「ヒゲ女」急増の衝撃!?深刻化する女性のオス化は止められるのか

Text by

  • 3
shutterstock

shutterstock

男性の草食化に対し、女性が肉食化していることが言われて久しいが、ついに女性のオス化が身体への変調となってあらわれたようだ。

働く女子のための情報サイト「escala café」が2012年8月に日本国内の22歳~34歳までの働く女性247人に行ったWebアンケートによると、多忙過ぎる仕事が原因で「カラダの不調や悩みがある」と答えた女性は7割にも上った。

不調の内容は、「疲れがとれない」「いつもダルい」という声がもっとも多かったが、中には「濃いヒゲが生えた」という人も!

聖心美容外科統括院長の鎌倉達郎氏によれば、濃いヒゲの原因は「ストレスなどによるホルモンバランスの崩れなのだそう。女性は20~30代前半に、女性らしさを司る女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンの分泌がピークを迎えるが、さまざまな社会生活にまつわるストレスによって、ストレスホルモンである副腎皮質ホルモンなどが増え、女性ホルモンの分泌が抑えられてしまうそうだ。

「ヒゲが濃くなって困っている」「あごにウブ毛が生えてきてヒゲのようになった」など、ヒゲに悩む女性は急増しているというが…。

ヒゲが生えないためには、①ホルモン分泌が最も盛んな夜10時から深夜2時に質のよい睡眠をとる。②恋やおしゃれなど、女性らしい「幸せ」を見つけ女性ホルモンを分泌する。③女性ホルモンに似た働きを持つと言わるイソフラボンを多く含む大豆製品を摂取する。を心がけると良いそうだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking