【画像】息をのむほど美しい!!死ぬまでに入りたい「世界の美しすぎる神秘の洞窟」13選

Text by

  • 31
2d02e320b6543a11cc10e683bf2e5cc6

死ぬまでに一度は訪れてみたい世界の観光スポットをテーマごとにまとめた「トリップアドバイザー・バケットリスト」。今回は、待ちに待った洞窟シリーズだ!!ちょっと怖いけれど何故か惹かれる「死ぬまでに入ってみたい神秘の洞窟13選」をご紹介しよう。

1.ディアマンティナ洞窟(ブラジル/バイーア州)

「ダイヤのように輝く」という意味のディアマンティナ。太陽の光が差し込むと池の水が青く輝き、神秘的。

tripadvisor.jp

 

 2.ディアケイブ(マレーシア/サラワク州)

トンネル式の洞窟としては世界最大といわれるディアケイブ。数百万匹のコウモリの群れが飛び立つ「ドラゴンフライ」も見ることができる。

tripadvisor.jp

 

3.ネルハ洞窟(スペイン/アンダルシア)

1959年に発見された洞窟。中には2万年前のものだと考えられている絵やクロマニヨン人の住居跡遺跡が発見されている。

tripadvisor.jp

 

4.ブルーレイク洞窟(ブラジル/マト・グロッソ・ド・スウ州)

ブラジルの”青の洞窟”。洞窟の中には奇麗に澄んだ水があり、天井にある穴から光が差し込むと青く光るため「ブルーレイク」の名前がつけられた。

tripadvisor.jp

 

5.シュコツィアン洞窟群(スロベニア/プリモスカ地方)

世界遺産にも登録されている洞窟群。「カルスト地形」の研究史において、最も知られた場所で、カルストの語源にもなっている。

tripadvisor.jp

 

6.ジェイタ洞窟(レバノン/ベイルート)

ジュラ紀の石灰岩を地下水や雨水が数百万年にわたり侵食し、上下に2つの洞窟が作られた中東で最も長い洞窟。

flickr_Yunus Emre Aydoğan

 

 7.ヴェルフェンの氷の洞窟(オーストリア/オーストリアアルプス)

標高1641mにある、世界最大の氷の洞窟。洞窟内は真夏でも氷点下で、地元の人々は地獄の入口と信じていた。

flickr_Inspiration Point Studio

 

 8.フィンガル洞窟(イギリス/スコットランド)

スコットランドの西に位置する無人島にある洞窟。メンデルスゾーンがその光景に感銘して作曲した『フィンガルの洞窟』によっても知られる。

flickr_JC Richardson

この外観がまたそそられる!!

flickr_Günther Dylan

 

 9.リードフルート洞窟(芦笛岩)(中国/桂林)

カルスト地形の絵画のような風景が続く桂林を代表する観光スポット。さすが中国。ド派手なライトアップは、やり過ぎという口コミも。 

tripadvisor.jp

 

 10.スワローズの洞窟(メキシコ/サン・ルイス・ポトシ州)

巨大な縦穴の洞窟で、その深さは最大370メートル。この深さを体験するために世界中のベースジャンパーや洞窟探検家が集まる。左中央の人間の大きさから、どれほど大きいかおわかりいただけるだろうか。

flickr_Glenda Alexandra Suarez

 

11.青の洞窟(イタリア/ナポリ)

世界で最も有名な洞窟、ナポリの「青の洞窟」。太陽の光が洞窟に差し込むことで水が青く光り、その色は毎日違う。

tripadvisor.jp

 

 12.カタコンベ(フランス/パリ)

ヨーロッパの各地で見ることの出来る地下の墓所。中でもパリのカタコンベは観光スポットとして人気だそう。周辺にはドクロを象った土産物も。

flickr_chihiro_hal

 

13.クエバ・デ・ラス・マノス(アルゼンチン/パタゴニア)

「多くの手の洞窟」という名の通り、壁面にある無数の手形で有名な世界遺産。手形は全て左手のものが描かれており、9000年前のものと見られている。

flickr_sospe-pss

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking