やっぱり日本人は働き過ぎ!?有休消化率が世界ワースト1位の理由は「上司や同僚からのプレッシャーを感じるから」

Text by

  • 12
新聞,メガネ_shutterstock

米国の旅行予約サイト大手Expediaがまとめた調査によると、2012年における日本人の有給休暇消化率が世界で最下位だったことがわかった。対象となった国は日本、韓国、台湾、インド、欧米諸国など22カ国。

調査によると、日本人の有給休暇日数は平均で前年より2日多い13日で、世界で有給休暇の日数が増えたのは日本だけだったが、未消化日数も前年の6日から8日と2日増えて、消化率は38%。前年に引き続き世界で最下位という結果だった。また、アメリカでは18%、日本では17%が、有休支給日数が0日であると回答したこともわかった。

expedia.co.jp

国別の平均有給休暇日数は、最も少なかったのが韓国・台湾で10日、続いて米国の12日、日本の13日と続き、マレーシアとシンガポールは14日だった。アジア諸国の消化率を見てみると、シンガポールと台湾は100%消化、マレーシアは93%、韓国は70%で、日本の38%がいかに消化率が少ないかがわかる。

日本人が有休を消化しない理由としては、「経済的な余裕がない」がトップで、つづいて「同僚から否定的な見方をされる」「家族等とスケジュールが合わない」と続いた。一方、世界では「家族等とスケジュールが合わない」がトップで、中には「消化しない場合、手当が支払われるから」という、うらやましい理由もあった。

理由の中で「同僚から否定的な見方をされる」人は、アジア諸国で比較的多いが、やはり日本人が最もこの点を気にしているよう。かつ、「上司が有休に対して否定的である」という答えの割合も世界で4位と高く、日本の有休消化率の低さは、未だに「有給はとらないもの」という風潮と、上司や同僚からのプレッシャーによるものだということがわかった。

ただ、日本人はあまりにも仕事のことをずっと考えていて、休暇中もリラックスできていないのだそう。人の目が気になる上に、ワーカホリックで気分転換が下手な日本人て、なんだか不器用なのかも。

調査は2012年9月13日―10月12日に、16歳以上の仕事を持つ男女を対象にインターネット上で、各国から300人以上、合計8684人を対象に行った。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking