【トマト無敵】忘年会の必携アイテム「トマトジュース」は酔い覚ましに効果あり!!

Text by

  • 75
flickr_Administrador Galeria Uninter

flickr_Administrador Galeria Uninter

今、IRORIOサイト上で最も注目を集めている野菜と言えば「トマト」だ。美肌効果やがん・動脈硬化予防から、メンタルヘルスにも効果あり!と、記事が出るたび話題をさらうトマト。その効能の一つで、これからの忘年会シーズンに役立ちそうなのが、以前、当サイトの記事でもご紹介した、「トマトは酔い覚ましに効く」というもの。

今年5月にカゴメが行った発表によると、「焼酎とトマトジュースを一緒に飲んだ場合」と、「お水を一緒に飲んだ場合」の血液中のアルコール濃度では、トマトジュースを摂取している時の方が、血液中のアルコール濃度が約3割低下すると判明。トマトはアルコールの代謝促進に効果てき面なのだ。

そこでカゴメは2012年11月26日〜28日、20代〜60代の男女合わせて1,000名(各世代男女各100名)を対象に、「酔い覚ましに飲む飲料」についてアンケートを実施。「お酒の酔い覚ましに飲んだことがある飲み物」について聞いたところ、1位は「お茶飲料」(57.5%)で、2位が「水・ミネラルウォーター」(56.9%)、3位が「コーヒー飲料」(29.9%)、4位「スポーツ・機能性飲料」(28.4%)と続き、「トマトジュース」は15.6%で第5位だった。

まだ浸透が足りないと思われるトマトジュースの酔いざまし効果だが、実はシニア世代には知られた話のよう。というのも、60代男性では約3割、他に、60代女性が24.7%、50代女性が24.1%と、シニア層の人たちは高い割合で酔い覚ましに「トマトジュース」を飲んでいることがわかったのだ。

ちなみに、体内からアルコールが消えるのにかかる時間も、トマトジュースを飲んでいる時の方が顕著に早いそうで、飲み会が増える12月は、トマトジュースが必携アイテムとなりそうだ。 

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking