2Dのチラシが3Dに変わる!! 「飛び出す商品チラシ」に注目してみた

Text by

  • 1
アポロクリエイト

アポロクリエイト

最近急速に発達している「AR(拡張現実)」という言葉をご存知だろうか。ARとは、Augmented Realityの略で、ある情報にデジタル合成した情報を付加し、人間の現実認識を強化する技術のこと。例えば、ある絵にアプリをインストールしたスマホをかざすとCGでその絵が動いて見える、洋服や眼鏡などをコンピューター上で試着できる、といったように利用されている技術だ。

 この度、3D写真撮影機「フォトシミリ」の販売・サポートを行う神奈川県の企業「アポロクリエイト」が開始したのは、そのARを利用したサービスで、スマホやタブレットを使って、二次元のチラシを三次元にしてしまう「appeAR(アピア―)」というもの。

「appeAR(アピア―)」は、2Dのチラシにスマホやタブレットかざすと、商品画像が3Dとして飛び出すもので、紙のチラシをまわすと、3Dの画像もぐるりとまわして見ることができ、なかなかリアル。画像はCGではなく、同社が提供する3D写真撮影機「フォトシミリ」を使って撮影。ターンテーブルに置いた被写体を回転させながら、静止画を連続撮影し、この静止画を統合して3Dコンテンツとして出力するため、CGよりもずっと低コストで作ることができる。

サービスには、ショッピングサイトへ誘導する仕組みも付加されており、アポロクリエイトは、「紙媒体のチラシと電子媒体のショッピングサイトをつなぐことで、企業と消費者を結びつける新たな販売チャネルを創出することが可能」としている。

アポロクリエイト

アポロクリエイト

アポロクリエイト

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking