日本一ラーメン好きな都道府県は?→山形県!!

Text by

  • 0
flickr_amorimur

flickr_amorimur

タウンページデータベースを活用したマーケティング情報を提供するNTTタウンページが、「日本一のラーメン好き都道府県」を発表。栄えある1位に輝いたのは山形県だった。

2011年に政令指定都市で中華そば(外食)に支出した金額が最も多かったのが山形市で11,761円と1位だった。つづいて2位が富山市(11,241円)、3位が秋田市(9,829円)で、全国平均は5,710円。全体の傾向として北海道、東北、信越を中心に東日本の支出が多く、西日本ではほとんどが全国平均を下回った。

また、人口10万人当たりのラーメン店件数でも、山形県はトップの36.52件だった。2位以下は栃木県(29.90件)、北海道(28.96件)、新潟県(27.94件)、秋田県(27.35件)とつづいた。山形県は断とつ1位で、文句なしにラーメン好きな県と言えそう。ちなみに、3位の北海道は、2004年までは1位だったが、2005年にその座を山形県に奪われ、現在まで山形県がトップを死守している。

全国的に見ると、1995年以降、インターネット普及拡大とともに起こったラーメンブームは、現在、落ち着きを見せているようで、2003年には26,163件あったNTTタウンページの登録件数は、2012年には23,257件と、約11.1%も減少している。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking